当前位置:[首页 > 资源下载 > N1考试资源 > 12月日语能力考试考前练习:N1读解(7)]

12月日语能力考试考前练习:N1读解(7)

发布: 2017-11-07 11:26 | 来源:www.jptranslate.com | 查 看:

本周末将迎来日语能力考试的正日子,人民网日本频道最后为大家提供两篇阅读练习题,希望大家沉下心来,将应试的状态保持到最后一刻。也祝大家都能取得理想的成绩。(题目选自沪江日语恋恋N1读解小组)

12月日语能力考试考前练习:N1读解(7)

人間関係は、記号、とりわけ言葉を使って成立する。記号が人間の内部を刺激して働き、それが二人の人間を結びつける。相互の役割交換ができるのも、その間に言葉が介在しているからなのである。言葉を使うのは人間の特技である。われわれは例外なしに、言葉遣いという特技の持ち主なのだ。

しかし、言葉を使うことによって理解が成立するのは事実であるとしても、そのことは、使われる言葉の量が多ければ多いほどよい、ということには必ずしもならない。「ゆっくり時間をかけて話し合う」のは大変結構なことだが、時間をかけて、おびただしい量の言葉を使ってみても、その①言葉の量に比例して理解が深まるとは限らない。あることを相手に理解させようとして大演説をするひとがいる。しかし、そういう②大演説は、しばしば聞いている人間にとっては退屈だ。逆に、きわめて簡潔の言葉が、大げさに言えば、一人の人間の人生を変えてしまったりもする。使われる言葉の量と、それによってもたらされる結果との間には別に関係はないのだ。物量主義は、言葉に関しては、あんまり当てにならない。

もちろん、相手方に理解してもらうときに、同じ言葉を繰り返すことが効き目のある場合もあるだろう。宣伝の言葉などは、そういう繰り返しによる効き目を狙っていることがしばしばである。しかし、一対一の人間で同じ言葉を何遍も繰り返したら、場合によっては、その熱心さに絆されることもあろうが、場合によっては、しつこいやつだ、ということになってしまう。

話し合いというのは、何でもかんでもとにかくおしゃべりをすればいいというものではない。言葉を使う時に大事なのは、その量ではなく、その効率なのだ。

问题1:「言葉の量に比例して理解が深まるとは限らない」とあるが、これと同じ意味のものを次から一つ選びなさい。

1、相手に理解させようとして大演説をするのは逆に人にとって退屈になるのだ。

2、使われる言葉の量と、それによってもたらされる結果との間には別に関係がないのだ。

3、きわめて簡潔の言葉が、一人の人間の人生を変えてしまう場合があるのだ。

4、相手方に理解してもらうときに、同じ言葉を繰り返すことが効き目のある場合もあるのだ。

问题2:「大演説」とは、ここではどんな演説なのか。正しい説明を一つ選びなさい。

1、聞き手によくわかるように、丁寧に述べた演説

2、時間ばかりかかるだらだらした演説

3、内容の豊かな素晴らしい演説

4、街頭に出て、多くの人の前で行われる演説

问题3:言葉遣いの繰り返しについて、筆者としてはどう考えているか。

1、言葉の繰り返しは多ければ多いほどいい。

2、言葉の繰り返しは少なければ少ないほどいい。

3、言葉の繰り返しは効果を挙げる場合もあれば、逆効果となる場合もある。

4、言葉の繰り返しは余計なものだし、効果をあげることもできない。

问题4:この文章のまとめとして最も適当なものはどれか。

1、人に反感を買わないように、言葉を差し控えて使うのが大切である。

2、はっきり自分の意思を伝えるには、言葉を繰り返すのを忘れないように

3、人間関係は言葉によって成立するのだから、言葉の訓練を絶えず受ける必要がある

4、言葉遣いはその量の多少に関係なく、一番大切のは効率なのである。 

12月日语能力考试考前练习:N1读解(7)

答案为:2、2、3、4