当前位置:[首页 > 日语教程 > 标日初级 > 解析:足りない和足らない的区别]

解析:足りない和足らない的区别

发布: 2018-01-10 19:26 | 来源:www.jptranslate.com | 查 看:

  日语越学越难,不经常练习怎么能可以,为了帮助大家学习,小编准备了解析:足りない和足らない的区别,快来增加自己的实力吧!

  「足りない」と「足らない」とでは、何か違いはあるのでしょうか。

  Q:「足りない」和「足らない」,有什么不同吗?

  A:現代の共通語としては「足りない」のほうが多く使われていますが、「足らない」も間違いではありません。大ざっぱには、「足りない」は現代語的、「足らない」は古語的であると言えそうです。

  A:「足りない」作为现代共通语使用的比较多,但「足らない」也是没有错的。粗略地解释的话:「足りない」是现代语,而「足らない」是古语。(「足りない」和「足らない」都是“不足”的意思)

  解説

  解释

  「足りない」は「足りる」という動詞(上一段活用)を否定形にしたもので、「足らない」は「足る」という動詞(五段活用)を否定形にしたものです。

  「足りない」是动词「足りる」(上一段活用)的否定形式,而「足らない」是动词「足る」(五段活用)的否定形式。

  • 足りる:足りない、足ります、足りる…

  (从冒号开始左向右依次是:动词否定形、动词ます形、动词原形)

  • 足る :足らない、足ります、足る…

  (从冒号开始左向右依次是:动词否定形、动词ます形、动词原形)

  歴史的に見ると、「足る」は万葉集にも現れるくらいの伝統的なことばで、いっぽう「足りる」は江戸時代以降になって使われるようになったことばです。現代では「足る」は「信用するに足る情報」などのように、やや古風で硬い言い回しの場合に使われることがほとんどで、話しことばとしてはあまり使われません。「千円あれば十分足るよ」というふうに言う地域もありますが、全国的な言い方ではありません。

  从历史上来看,「足る」是在《万叶集》中都出现过的传统词语,而另一方面,「足りる」则是在江户时代之后才被使用的词语。在现代也有像「信用するに足る情報」(值得信用的情报)这样使用到「足る」的场合,但大部分都是有些古语风格,在生硬的表达方式时使用,基本上不出现在口语里。也有一些地区有「千円あれば十分足るよ」(有一千日元就足够了)这样的说法,但这并不是全国范围内所使用的说法。

  つまり、あくまで理屈のうえから考えると、現代語としてよく使われているのは「足りる」なのだから、その否定形である「足りない」がふさわしいことばなのではないか、ということになります。

  也就是说,从道理上考虑的话,因为「足りる」作为现代语经常被使用,所以它的否定形式「足りない」是最合适的词。

  しかし、ことばは必ずしも一筋縄ではいかないもので、肯定形の「足る」はあまり使われなくても、否定形の「足らない」のほうは比較的よく使われています。

  但是,语言词汇不是光靠道理就能讲通的,即便肯定形式的「足る」不怎么常用,否定形式的「足らない」则相对来说较为常用。

  まとめると、おすすめするのは「足りない」だが、「足らない」も可、ということになります。

  总结来说,虽然推荐使用「足りない」,但是「足らない」也是可以使用的。

  なお、「舌足らず、寸足らず」や「1時間足らずで仕上げた」などのように否定の「~ず」が接続する場合には、「~足らず」のみで「足りず」という言い方はありません。これは否定の「ず」が古語的だから、新しい動詞の「足りる」ではなく古いほうの「足る」が使われるのです。

  另外,像「舌足らず、寸足らず」(口齿不清;尺寸不够),「1時間足らずで仕上げた」(不到一小时就完成了)这样的,接续了否定形式「~ず」的话,只有「~足らず」的说法,没有「足りず」这样的说法。这是因为否定形式「ず」是古语,所以不用新动词「足りる」,而是使用古语的「足る」。