返回首页
当前位置: 主页 > 日语考试 >

编集手帐--不可替代的信誉

时间:2020-05-10 09:40  
核心提示:豊臣秀吉子飼いの武将で、伊予松山藩や会津若松藩を治めた加藤嘉明(よしあき)は仁慈の人であったという。中国渡来の小皿を秘蔵していたが、ある日、10枚組みの1枚を近習

  豊臣秀吉子飼いの武将で、伊予松山藩や会津若松藩を治めた加藤嘉明(よしあき)は仁慈の人であったという。中国渡来の小皿を秘蔵していたが、ある日、10枚組みの1枚を近習(きんじゅ)が粗相して割った

  统治伊予松山藩和会津若松藩的加藤嘉明是丰臣秀吉从小培养的武将,据说他是个仁慈之人。他珍藏着中国舶来的小碟子,某天,他的近臣不小心打破了一套10个中的1个。

  嘉明はとがめず、残る9枚をことごとく自身の手で割ってしまう。「あとの皿を見るたびに、この者の名を思い出さんこと、わが本意にあらず」。そう語ったと森銑三(せんぞう)著「偉人暦」(中公文庫)にある

  嘉明没有责备那个近臣,自己亲手把剩下的9个碟子全部打破。“我不想每次看见剩下的碟子就会想起这个人的名字”。嘉明如是说。森铣的著作《伟人历》(中公文库)里有这么一段轶事。

  のちのち悔いることがあっても、1枚を割った近習ではなく、9枚を割ったわが身の罪を責めればいい、と。従業員の訴える通りならば、殿様が「皿を割れ」と命じておいて、「お前が割った」と近習の罪を問うようなものだろう

  嘉明的意思是,即使以后后悔,不用问打破1个碟子的近臣的罪,而是责问打破9个碟子的我犯下的罪就可以了。如果确实如从业者所说,那么下面这件事就像是大人命令近臣“把碟子打破”在先,却责问近臣“打破”之罪。

  「売り場のパート従業員に任せきりだった」。菓子や総菜の期限表示ラベルを改竄(かいざん)していた「船場吉兆」(大阪市)は会社の関与を否定してきたが、これがどうも怪しい。従業員が弁護士同席で記者会見し、取締役の指示に基づく改竄であったことを明かした

  “所有的事情都完全交给卖场的零时从业人员了”。虽然“船场吉兆”(大阪市)否认公司参与了篡改甜点和副食品的食用期限标牌,但总觉得这句话有点奇怪。从业者与辩护律师一同出席了记者招待会,说出是按董事的指示篡改期限的实情。

  その取締役から、「悪いのは私」と告白するにも等しい文書に署名を迫られたとも。グループ会社で高級料亭の代名詞でもある「吉兆」の名前が泣く以前に、経営陣の胸で良心が声を上げて泣かないか

  从业者还表示,那个董事强迫自己在相当于承认“错的是我”的文书上签名。“吉兆”是集团公司和高级饭店的代名词,在“吉兆”这个名字受到损害之前,经营团队的良心难道没有在心里放声哭泣吗?

  皿は忘れることができる。代わりを探すこともできる。割れて砕けた信用の「のれん」に、代わりはない。

  碟子可以忘记。也可以找一个代替品。但摔得粉碎的信誉是不可替代的。


热门TAG: 编集 信誉